ファクタリングというのは主な資金調達としてだけではなく、つなぎ融資のような役割にも使えるサービスとなっています。数ヵ月後には大きな売上分の入金がある。でも今はキャッシュがほとんどなく困っている。こんな状態の時に売上の一部をファクタリングして、つなぎ融資のように使うのです。この一部をファクタリングして調達した資金で大きな資金がはいる間での間、食いつなぐというイメージです。

これによって、大きな売上をあげる資金としても使えますし、つなぎとして従業員などの給料などの支払いに充てることも可能です。中には消費税などの税金に充てる方もいるようですね。銀行などの融資の場合、税金の滞納がある時点で借り入れをする事は出来ません。この為、ファクタリングで税金滞納分を帳消しにしてから、改めて銀行へ融資の依頼をする!という使い方も出来るのです。

業種によっては、年に数回大きな入金があり、それ以外の月ではそこまで大きな入金がない、なんていう企業もたくさんあります。この大きな入金前にキャッシュがショートするケースも多く、ましてや大きな仕事が舞い込んできた時に仕入れが出来ない、在庫を持つことが出来ない、これでは本末転倒。何が何でも将来の大きな売上の為につなぎで資金調達をしたいところです。こういう状態と言うのは、結構多く企業ではあってファクタリングを有効活用している企業も多く存在しています。

使わなくても良いなら使わない方が良いかもしれませんが、会社と言うのは継続して経営をしていく事が一番難しいのでこういう時も一度や二度はあるはずです。この時にファクタリングという制度を知らない方は、そのまま会社を閉めてしまうかもしれません。知っているのと知らないのでは雲泥の差が出てきてしまいますので、当サイトのファクタリング情報をぜひ記憶の中に入れておいて欲しいと思います。

また、つなぎ資金として有効なファクタリングですが、決算時に現預金を残しておきたい時などにもかなり有効となります。すべては銀行融資を視野に入れた考え方になるかもしれませんが、黒字と赤字、バランスシートの内容、現預金の有無の内容によって、実際の経営状況よりもこうした情報の方が銀行融資を受ける際に大きな違いが出てくるのが現実です。

会社をより健全に運営していく為にも、このファクタリングを上手に活用するのも大きなメリットだと私は考えています。