資金調達の中心は銀行融資や日本政策金融公庫などからの借り入れですよね。でも会社代表者が借り入れが出来ない、いわゆるブラックリストの場合、会社が資金難に陥ったら諦めるしかないのでしょうか。当サイトでは何度も触れていますが、ファクタリングと言うのは借り入れではありません。という事は?ローンなどが組めない状態でもまったく関係ない!というメリットがファクタリングにはあります。

ですからローンが組めないから資金調達が出来ない、と悩んでみえる事業主の方は安心してファクタリング会社に相談をする事が大切ですね。ただファクタリングを使う条件として【売掛債権】がある事、という事が必須条件となってきます。この売掛債権がない、もしくはファクタリング会社が決めている金額まで到達していない、という状態ではファクタリングを利用することは出来ません。

会社経営をしていると、いろいろ借り入れをする事からも、ローンが組めない状態になっている経営者もたくさんいます。しかも年収や所得などをかなり抑えていて、ブラックではないけどローンが組めない、という方も多い事でしょう。こういう方が会社の為の資金調達をしようと考えると正直かなり厳しいのが現状です。そんな時には売掛債権を売るファクタリングで資金繰りを改善するのが近道になるケースも多々あるのです。

ただ銀行経由のファクタリング会社と民間のファクタリング会社では少し仕組みが違うケースもあります。民間のファクタリング会社の方が手数料は高いのですが、比較的資金を調達しやすい環境にあるとも言えますね。民間のファクタリング会社も近年かなり増えてきていますので、インターネットなどを使って詳しく調べたほうが無難です。中には詐欺まがいのことをしているファクタリング会社も多いと聞きますので。

という事で、あなたがローンが通らない、銀行などから融資を受けることが出来ない。。。という場合でも、諦めずにファクタリングを利用して会社を再生するのも一つの方法という事が言えるのです。