ココではなじみの薄いファクタリングについての説明をしたいと思います。簡単にファクタリングについてまとめてみると、【まだ入ってきてない売上を先に手に入れる事が出来る】とう仕組みです。仕組みというよりもサービスと言った方が良いかもしれませんね。

あまり意味がわからない方もいるかと思いますので、ファクタリングについてもう少し噛み砕いて説明をしてみましょう。まず貴社が持っている売掛債権・売掛金をファクタリング会社へ売ります。こうすることで、手元にすぐに現金を作ることが出来る、というわけです。例えば、3ヶ月後の回収予定という仕事があったとしましょう。1000万円の売上の仕事で、利益も出ているとします。もちろん3ヶ月後にはこの1000万円が入金されるのですが、その間に他の仕事への経費や毎月の従業員への給与支払いなどお金は出て行きますよね。

俗にいう黒字倒産なんていう言葉がありますが、まさしくその状態です。入ってくるお金が間に合わない、すぐに入ってこれば全然問題なく黒字になるのに、という事ですね。ここをついた資金調達方法がファクタリングです。貴社、取引先(売り掛けが残っている企業)との間にファクタリング会社が入ることによって、この1000万円のうち手数料を差し引いた金額が貴社へすぐに入金されるというわけです。

資金繰りが円滑な場合は、わざわざ手数料を支払ってまで売掛債権を先に入金する必要がないかもしれませんが、なかなかそんな優良企業も多くはありません。売掛債権を売る!という行為ですので借り入れにはなりませんし、本来の売上が少し少なくなると言うイメージで良いかと思います。これだけでもかなりキャッシュフローを改善させる事が出来ますよね。

これがファクタリングという仕組みになります。私もこのファクタリングを使い、4000万円近いお金をかなり早いペースで用意することが出来ました。損をしている、と言えば損をしているのかもしれません。でも会社と言うのはお金が回っていて初めて経営が成り立つものですので、倒産させるよりは全然まし。そういう思いでファクタリングを利用しました。