会社を経営していたり、個人事業など「事業」を営んでいるとどうしても資金繰りに関しては悩む時が多くなります。実際に当サイト管理人の私も一時期、会社の資金繰りには悩まされました。従業員への給料も支払わなくていけませんし、薄利多売になりつつある業界。利益体質となっていても、キャッシュフローが上手く回っていなかったのが苦しい一番の理由でした。

そこである時、付き合いのある銀行へ融資を打診。売上こそ落ちてはいなかったのと、利益体質ではあったのを武器に5000万円の融資を依頼しました。が、結果借りられず。マイナス金利の影響で少しは融資を受けやすくなっているものだと思い込んでいたのもあり、かなりショックを受けました。

銀行マンと何度も話し合いをして、どうにかならないものか?と資金調達について毎日考えていました。そこで銀行マンから出てきたのがファクタリングという資金調達方法。最初はまったく聞いたこともなく、ファクタリングって何ですか?と銀行マンに説明をしてもらう事に。

結局、シゴト⇒回収スパンに大きな差がある商売の為、売掛債権はきちんとあり、その売り掛け債権を売って資金を調達する手段という事だったのです。そんな事が出来るのか、と半信半疑だったのですが、銀行などでもファクタリングは行っているようで、詳しくファクタリングについて調べてもらう事にしました。ひょっとしたら資金調達が出来てキャッシュフローが良くなるかもしれない・・・という希望を抱いて。

当サイトでは、私と同じように資金繰りに困っている経営者や事業主の方へ私のファクタリングの経験やそこで感じたことなどをお伝えしたいと思っています。ファクタリングは融資、借り入れではないという事がわかったので、ローンなどの審査が通らない方でも利用出来る可能性がある素晴らしい資金調達手段。日本ではまだ認知度が少ないらしいですが、私はこのファクタリングを利用することでかなり経営が安定しました。

売り掛け金がないとどうにもならないという部分もありますが、売掛金を担保にお金を用意するようなイメージですので、どうしても急な資金調達をしないといけない経営者の方は当サイトをご参考にしてみてください。必ず光は見えますので。